【今、リモート映画を観ること。『カメラを止めるな!リモート大作戦!』『はるかのとびら』『すき焼きばあばのダンシングタイム』】

   

EW66csAU8AA8q9g

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言下。
時間に余裕もあるし、メディアの配慮で特別に配信されてる作品とかもある。

じゃあ、ガンガン観させてもらってるか?って言ったら、そうでもなくない?

「やっぱ映画は映画館で観たいから」ってこともあるんだろうけれど、そうではない何かによって、2時間前後の映画を摂取するのがちょっと重たくなってる気分もある。

別の記事でも書いたんだけど、僕は少し、「映画に対する気分」みたいなものが変わってしまった気がする。コロナが明けたら、また以前のように映画を楽しみたいと思ってはいるけれど。

最近いくつか、“リモート映画”なるものが、「配慮で特別に配信されてる」ので観てみた。

はたしてそのリモート映画、面白かったか?

面白いわけないじゃん。これらがフツーに面白いなんて言ったら、これまでの普通の映画に失礼だって話になるよ。

そりゃあ時間や予算や工夫によっては、例えば『アンフレンデッド』や『サーチ』のような“全編PC画面映画”として面白いミステリーやホラーなんかを作れるのかもしれないけども、リモート映画ってたぶん、そーゆんじゃない。

じゃあ、リモート映画に観る価値ないのか?って言ったら、僕はあると思う。

リモート映画は、今だから作られて、今だから観られる、今の記録だから。

コロナが明けて、映画館が再開して、007やイップマンやトップガンがガンガン上映される時がきたら、その中でリモート映画観る?観ないでしょ?

だから観るなら今しかないし、観ることで今という異常が記憶に残るんだ、きっと。

『カメラを止めるな!リモート大作戦!』監督:上田慎一郎

真っ先に『カメラを止めるな!』の上田監督が作ります宣言をSNSに掲げたとき、「だよね!作るよね!!」と思ったよね。いろんな意味で「らしいね!」って思ったし、カメ止めでインディーズ映画やミニシアター業界に新しい風を吹かせた上田監督が、「この状況下での作品作り」の先頭に立ってみせたことは、とても意味のあることだと思う。

というわけでこの、『カメラを止めるな!リモート大作戦!』。面白かったか?だから面白くないってば。「ゾンビ」と「くすぐり魔」を比べて、フツーに面白かったなんて言ったら、ゾンビが怒って襲ってくるよ。この『リモート大作戦!』はコロナ禍下で真っ先に作られたこと自体に意義がある作品だし、だから作られて配信された時点で勝ちという価値の映画だと思う。

でもね、ひとつすっごいイイところがあるの。このイイところというのが、たぶん、「リモート映画」という亜種の映画の魅力だと言ってもいいところだと僕は思うんだけど。

この物語のドタバタが収まって、監督役の濱津さんと、奥さん役のしゅはま姉さんと、娘役の真魚さんが、ちょっとホッとしつつ会話する場面。

「この事態が終わったら、何したい?」って、すっごい優しい感じでしゅはま姉さんが尋ねて、真魚さんが答えるんだけど、ちょっと泣いちゃうの。これが演技なら名演技としての観る価値になるけど、たぶんこの涙は、うっかり本物の泣きが出ちゃったんだと思うんだよね。その瞬間に初めて、観てた僕は感じるの、「あぁ、シンドいのはみんな一緒だな」って。

観てる人を楽しませようとして、キャストの皆さんは演技(を自撮りまで)してがんばってる。それは「ありがたいなー」という気持ちで観る。でもそこからポロッと垣間見えた「素」に、今ってすっごい共感したいじゃない?

だって今、誰かと話をするときに、いちばん聞きたいのって「今どうしてる?今どういうこと考えてる?」ってことだもんね。

あそこにとても励まされた。僕が「リモート映画」に求めるものを観せてもらったなと思った。

エンディングのアレはもう鉄板だよね。わかってても泣いた。

『はるかのとびら』監督:松本大樹

僕がコロナ禍以前に映画館に観に行った最後の映画が、松本大樹監督の『みぽりん』。上映終了後のシネマスコーレ副支配人坪井さんと松本監督のトークは本当に胸が熱くなって、「もし万が一、これが僕の観る最後の劇場鑑賞や舞台挨拶になっても一生忘れないな」という思い出になった。

以前尼崎のイベントで松本監督とお会いして少し映画のことを話す時間があったんだけど、「松本監督がこれから撮りたい映画の話」が死ぬほど面白くて、これから『みぽりん』も含めて売れて、どんどん作品を作っていく監督さんになってほしいって思った。

そんな松本大樹監督と『みぽりん』のキャストが集結したリモート映画。

面白かったか?って、だから面白くないってばって。

でも超ド直球。ふわっと、今ヒマしてるたくさんの人に楽しんでほしいっていう球ではなくて、「今、シンドくなっちゃってる人」に届けと放ったストレートなエールだと思う。

だから何かでバズったり、話題になったりしなくてもいいかもしれない。届くべき人に届いて、その人の少し硬まった気分をほどく物語だと思う。

ひとつ希望を言うなら、この作品の主人公が松本監督自身だったら。もっとすごく、元気をなくしている人に響く作品になってたと思う。

EXf3RK3UcAEcq4f

『すきやきばあばのダンシングタイム』監督:辻凪子

EXO0ag3UYAEgKoB

もう1本。
以前『法華戦隊ミョウレンジャー』という作品にクラファン支援したんだけれど、そこで主演だった辻凪子さんの監督短編が参加している「ハウス映画大会」という企画で発表された『すき焼きばあばのダンシングタイム』という作品。

女優として辻凪子さんは、「オモロ可愛い魅力」ということで絶賛しましたが、監督というか、映画作家としての辻凪子さんはただの天才でした。

厳密には、「複数人の俳優がZOOMなどのリモート環境によって共演する」という意味での“リモート映画”とは呼べないのかもしれないけれど、複数人の登場人物たち=家族を、一人複数役で演じることでまず面白く観させる。演じ分けや衣装や小道具、カット割りなどの工夫が、物語の面白さと同時に「作品作りの楽しさ」みたいなのも感じさせてくれる。

その家族が揃って食卓を囲み、すき焼きを食べる場面があるんだけど、そこである一つの展開が、「笑い」と「恐怖」と「今の社会的な何か」を突きつける。ちょっと、鳥肌が立った。

辻凪子、要チェックですよ・・・

。。。。。

というわけで、映画館で映画が観れない今日この頃でも、NetflixやAmazonPrimeや、その他もろもろプラットフォームでいっくらでも上質な映画やドラマやアニメが観られるのはありがたいこと。
でも、今、このコロナ禍下によって生まれてきた“リモート映画”という新しくて小さいジャンルには、何らかの形で先につながる可能性があるような気もする。
「こういうやつなら自分にも撮れるかも!!」なんて、新しい才能が生まれるきっかけにもなるかもしれないよね。

 - 映画論etc.